恋愛はじめました

さまざまな恋愛の悩みを解決する恋愛応援ブログ

*

好きじゃないパートナーと離婚する?離婚しない?

   

好きじゃなくなったパートナーと離婚を考えていますか?
離婚はエネルギーをとても消耗します。
離婚すべきなのか、離婚はしないほうがいいのか、難しい選択かもしれませんが、
自分や、子どもがいる場合は子どもにとってその後の人生がどうなるか。
じっくり考えてみましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

彼女と別れたいけど言えない!さっぱりと別れる方法とは

今の彼女が重いと感じたり、他に好きな人ができて、

彼女と別れたいけど、中々言えない。

ですが、それは優しさではありません。

ちゃんと話し合って、彼女を納得させてあげましょう。

彼氏が彼女に甘えたいのはどんな時?サインは?

女性が彼氏に甘えることは多いですが、

男性も彼女に甘えたいと思う瞬間があるようです。

彼氏が甘えたいと思っている時のサインを

見逃さないようにしてあげると、彼氏もより安心するかもしれません。

遠距離恋愛は難しい?浮気する男性と女性の心理 浮気をさせないために

遠距離恋愛をしている時の不安の1つとして、

浮気の心配をする人も多いでしょう。

浮気をする心理は男女で少し違うようです。

浮気をさせないための対策も必要ですが、

お互いを想う気持ちや信頼が何よりも大切です。

自由なB型女性とB型男性のB型同士の相性は?

B型女性とB型男性は、血液型から見て相性はどうなのでしょう?

お互い自由なところがありますから、

認め合うことが大切かもしれませんね。

好きな人へLINEをしても返信が遅いのは脈なしなの?

好きな人と連絡を取るツールとして、

LINEは多く使われると思いますが、

メッセージを送っても、返信が遅い場合、

相手は、どのような心理なのでしょうか?

デートでいつ告白する?タイミングと成功するためのポイントについて

好きな人とデートを重ね、いざ告白をするという時、

タイミングは重要なポイントとなります。

また、季節的にも告白の成功率が高い季節があるそうです。

恋人とキスする夢の意味は?知らない人や芸能人の時の心理は?

キスする夢を見た時に、一番きになるのは、

なぜあの人と?いうことがと思います。

恋人であれば、何となく理解できそうですが、

キスの相手が、知らない人や芸能人である場合は、

どのような意味があるのでしょうか?

B型男性の彼氏との付き合い方は?彼のことを理解するために

B型男性とのお付き合いや恋愛を上手くいかせるために、

まずは相手のことを理解しなければいけません。

血液型から見る彼氏の性格とは?

血液型から見るAB型女性とO型男性の相性は良くない?お互いを理解するために

AB型女性とO型男性の血液型から見る相性は、最悪とも言われます。

ですが、好きになった人がその血液型だった場合、

うまくいかせるために相性を参考にして、より良い関係を築けるようにしましょう。

恋愛にも新型コロナウイルス感染拡大の影響?外出自粛で恋人に会えない悩みを抱えて別れるカップルも

新型コロナウイルスによる外出自粛によって、恋人関係にヒビが入ってしまったり、心の距離が離れて行くカップルもいるそう。
なぜ、2人は離れてしまうのか。
会えない時間をどのように乗り越えるのか。

カップルでデートをまったり過ごしたい時のスポットは?

カップルでデートを重ねていくと、

たまには、まったりデートをしたくなる時もあるでしょう。

定番の自宅など、恋人とのゆっくりした時間を過ごしましょう。

彼氏や彼女と別れるのは良い夢?恋人への想いや心理とは

夢で恋人と別れる夢を見てしまった時、

相手のことを好きであれば、もちろん不安になるでしょう。

ですが、あまり悪い夢ではなさそうです。

夢を見てしまった心理を理解し、相手との関係を上手く築きましょう。

B型女性とO型男性はベストな相性?ケンカには気をつけて

B型女性とO型男性の相性を血液型から見る場合、

相性は比較的良さそうですね。

お互いに理解し合いことが大切です。

彼氏が末っ子だと甘えられない?末っ子男性の性格や恋愛傾向

兄弟の有無でも性格は変わってくるでしょう。

彼氏が末っ子である場合、甘えん坊なのかな?

など先入観もあるかもしれません。

好きになった男性が末っ子である場合、

特徴として恋愛傾向などを知っておくと役立つ時があるかも?

もう彼氏と別れたいけど中々言えないのはどうしたらいい?

単に言い出しにくいのか、情が残っているのか、

様々な理由で彼氏に別れたいと中々言えない場面はあると思います。

考え直すのか、きっぱり別れるのか、

曖昧にするのが、一番問題が起きやすいかもしれませんね。

好きな人が友達と同じ?友達も好きなら身を引くべきなのか

好きな人が友達とかぶることは、

恋愛経験を積み重ねていくと起こりうることです。

その時に、どちらを優先するべきかというよりは、

一緒に頑張ろうという姿勢がいいのかもしれません。

諦める人もいれば、中には隠れて動く人もいるかもしれませんが、

自分にとって何が大切なのかを

まずは、立ち止まって考えてみましょう。

告白されたけど返事に困る?どんな返事の仕方がいいのか

告白されたらきっと嬉しいでしょう。

ですが、そのあとの返事はどのようにしたらいいのか、

迷うこともあるかもしれません。

返事の返し方や、もし断る場合の断り方は?

男らしく女性をリードしたい!グイグイ引っ張ってほしい女性の心理

女性は男性に男らしさを求めます。

ですが、男性は男らしさとは?と考えることもあるかもしれません。

女性を引っ張ってリードしていくいい男を目指しましょう。

バツイチ男性を好きになった時のアプローチの方法は?

未婚の男性に比べて、バツイチ男性は多くの経験を積んでいるため

女性から見れば素敵な存在に見えるかもしれません。

バツイチ男性にアプローチする場合、

どのようなところに要点を置くといいのでしょうか?

好きな人が彼女持ちだったら諦める?アプローチするには?

好きな人ができて、彼が彼女持ちだった場合、

諦めるべきなのか、諦めずに頑張るのかは、人それぞれだと思います。

アプローチする場合は、どのように接するべきなのでしょうか。

パートナーを好きじゃないと離婚につながる?

パートナーを思うことができずに、毎日が憂うつで、
離婚を考えたりしたことはありますか?

嫌いではないけど、好きという感情が湧いてこない。

もちろん、いつまでも新婚のような関係でいることは少ないでしょう。

ただ、それを差し引いたとしても、相手に対して愛情がないことに気付く。

夫婦生活の中で、相手の反応にもよりますが、
離婚が頭をよぎってしまうことはよくあることです。

スポンサーリンク



  人気記事

愛情が冷めた離婚

まず、離婚は決して悪いことではありません。

ですが、しないに越したこともないのです。

なぜなら、離婚は多くのエネルギーを消耗し、
場合によっては周囲の人を傷つけてしまうこともあるのです。

たとえば、離婚後の人生を後悔するような離婚であればよくありません。

反対に、離婚してよかったと今を幸せに感じられれば、
それはいい離婚と言えるでしょう。

では、愛情が冷めて離婚をする場合はどうでしょうか。

もちろん人それぞれですが、
基本的には冷めた気持ちを取り戻す努力をしても結果がついてこなくて、
離婚に至る場合は、結果的にいい離婚に結びついていくでしょう。

ですが、諦めて改善策すら見出さず、離婚に至ってしまう場合は、
他の人を好きになったとしても同様に気持ちが冷めて、
同じように改善せずにお別れをすることも考えられることから、
よくない離婚へとつながっていくでしょう。

諦めずに解決策を見出そうとする努力は、
からなず自分のためになります。

スポンサーリンク



離婚をすすめるなら

離婚を問題なく進めるためには、
パートナーを悩ませてしまわないよう、
注意しながら話を進めることが必要です。

離婚の原因をストレートにぶつけるより、
相手の身にもなってあげることが円満に話が進むことにもつながります。

2人の間の問題を「離婚原因」とすることがいいでしょう。

仮に他に好きな人がいて離婚に踏み切る場合、
慎重に話合いを進める必要があります。

現在のパートナーへの気持ちが冷めてしまっている中、
好きな人とパートナーを同様に考えることは難しいことかもしれませんが、
感情的にならず、最後までしっかり話し合いをしましょう。

好きじゃないけいど離婚しない理由もさまざま

パートナーが好きじゃない、気持ちが全く冷めてしまった、
という状態でも離婚の選択肢を取らない人も多くいます。

理由としては経済的な問題、子どもがいるから、
周りの目が気になるなどさまざまです。

盛大な結婚式を挙げた後、あまり期間が空かずに冷めた関係になってしまった場合、
「お祝いしてもらったのに」と気にして踏み切らないケースもあります。

周囲へ面倒をかけたくない、両親や親戚に悪いと周りの人を気遣う人も。

中には、パートナーに対して無感情のため、
パートナーが異性と電話やメールをしていても何も感じなかったり、
無感情のため、嫌であることすら感じないという意見も聞かれます。

離婚と子ども

両親の離婚は子どもの年齢にもよりますが、大きな影響を与えます。

そして一緒に暮らせなくなる可能性もあります。

子どもがいる場合は、両親が離婚しても、
愛情は変わらないことを子供に伝えてあげるようにしましょう。

 - 別れ, 心理, 恋愛, 結婚